ショッピファイ(NYSE:SHOP)は28日、ブラックフライデー(27日)の売上高が前年比75%増加し、24億ドルに達したことを明らかにした。

 同社は売り上げ上位のカテゴリーとして、衣料品や宝飾品、健康・美容関連商品、家庭・園芸用品などを挙げている。

 同社のフィンケルスタイン社長は、世界中の業者がわずか1日で、昨年のブラックフライデーの週末全体の売り上げの8割以上を生み出したと語った。
-0-