ブラジルの資源大手ヴァーレ(NYSE:VALE)は2021年の鉄鉱石生産量について、3億1,500万〜3億3,500万トンとする見通しを示した。20年については、目標を最低3億1,000万トンに下方修正していたが、3億〜3億500万トンと未達に終わる見込み。

 銅の生産量は、21年の3億9,000万トンから25年にはおよそ5億トンに伸ばし、ニッケルの生産量は今後3年間について平均2億トンを予定している。

 設備投資額は、今年の42億ドルから21年には58億ドルに拡大する。また、昨年のブルマジーニョ採鉱ダム決壊事故を受け、保全対策の引当金を27億ドルに積み増す。
-0-