薬局チェーン大手のウォルグリーン・ブーツ・アライアンス(NASDAQ:WBA)と医療サービスを提供するビレッジMDは、2021年の夏までにウォルグリーンの店舗に併設する診療施設を新たに40カ所で開設する。

 「ビレッジ・メディカル」と呼ばれるこの診療施設では、プライマリーケア(初期診療)のサービスを24時間提供する。医師と薬剤師の専門性を統合して提供することで、患者の利便性向上と医療費低減につなげたいとしている。

 医療施設の不足している地域を中心に展開する計画で、今回の新規計画ではヒューストン郊外に最初の施設を12月14日に開設する。この他に、エルパソ、オースティン、フェニックス、オーランドでの開設を予定している。

 ウォルグリーンとビレッジMDは今年初め、今後5年間で30余りの拠点でビレッジ・メディカルを500〜700カ所開設する計画を打ち出した。今回の新規計画はこの一環。
-0-