ゼネラル・モーターズ (NYSE:GM)は、ピックアップトラックに対して堅調な需要が続いているため、生産台数の増加に対応し、ニューヨーク州のエンジン製造工場に7,000万ドル、オハイオ州の金属プレス加工工場に600万ドル余りの設備投資を計画している。

 同社幹部によると、中核事業の強化に引き続き投資して、ピックアップトラックに対して高まる顧客需要に対応する。

 GMは同時に、電気自動車(EV)の開発にも大きく投資している。
-0-