クアルコム(NASDAQ:QCOM)は、高速携帯通信規格5Gを中心に展開する長期サイクルの中心的存在だ、と証券会社ベアードのアナリスト、トリスタン・ゲルラ氏は評価し、クアルコムに対する投資判断を「アウトパフォーム」とし、目標株価を200ドルに設定した。

 この目標株価は、アナリストらの評価としては最も高い。平均的な目標株価は158.73ドルとなっている。クアルコムの22日終値は、前日比0.43ドル(0.31%)安の146.34ドルだった。

 2021年は通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)の動向が、中国国内におけるクアルコムの市場シェアに有利にはたらくとゲルラ氏はみている。

 長期的には、自動車産業や消費産業向けのAI(人工知能)アプリケーションについて、クアルコムの技術が活用されると考えている。
-0-