米バイオ医薬品大手のリジェネロン・ファーマシューティカルズ(NASDAQ:REGN)は12日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する治療薬として開発した「カシリビマブ」と「イムデビマブ」の抗体カクテルについて、米保健福祉省と国防総省から追加受注したことを明らかにした。

 米政府はCOVID-19のワクチンや治療法、診断法の開発、生産、流通を加速するための国家プロジェクトとして「オペレーション・ワープ・スピード」を進めているが、その目標を達成するために入院していないCOVID-19の患者に対してこの抗体カクテル療法を用いる。

 今年6月30日までに投与を完了する最大125万回分の抗体カクテルを、米政府が購入することになる。
-0-