適応免疫系の臨床診断薬を開発するアダプティブ・バイオテクノロジーズ(NASDAQ:ADPT)は5日、新型コロナウイルスに特有のT細胞発現遺伝子を検出する検査法「Tディテクト」について、米食品医薬品局(FDA)から緊急使用許可(EUA)の承認を受けた。

 Tディテクトは、アダプティブがマイクロソフト(NASDAQ:MSFT)の協力を得たT細胞受容体(TCR)遺伝子マッピングから開発された初のT細胞由来の検査法で、新型コロナウイルスに最近ないし以前に感染したかどうかを、97.1%の精度で判定できるという。
-0-