半導体ファウンドリー最大手のTSMC(台湾積体電路製造)(NYSE:TSM)が、半導体が世界的に不足する中、一時的な値上げを計画しているとの観測が浮上している。

 台湾の日刊紙、聯合新聞は29日、市場の観測として、TSMCが4-6月期から年末まで12インチウエハーの価格を25%引き上げ400ドルとすると報じた。12インチのシリコンウエハーは、コロナ禍で需要が高まっている一般家電製品に用いられている。

 TSMCは、製品価格についてはコメントしないとしている。
-0-