米食品医薬品局(FDA)は2日、アッヴィ(NYSE:ABBV)が重度のアトピー性皮膚炎への適応を追加する医薬品承認事項変更申請(sNDA)を行っているヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤リンヴォック(一般名:ウパダシチニブ)について、処方薬使用療法(PDUFA)上のデータ審査期間を3カ月延長して2021年7-9月期初めまでとした。

 アッヴィはこれまでに、FDAからリンヴォックのこの適応に関するリスク対ベネフィットについての最新評価情報を求められ、回答したことを明らかにしている。

 リンヴォックは、乾癬性関節炎への適応についても先月、データ審査期間が4-6月期遅くまで延長されている。
-0-