量販店チェーン大手のコストコ・ホールセール(NASDAQ:COST)は7日、4月4日までの5週間の売上高が182億1000万ドルに達し、前年同期の154億9000万ドルから17.6%増加したと発表した。4月4日までの31週間の売上高は1113億7000万ドルで、前年同期比15.7%の増加を記録した。

 ガソリン価格と外国為替の影響を除くと、5週間で前年同期比11.1%増、31週間では同13.9%増となった。中でも電子商取引(eコマース)は、5週間で同54.5%増、31週間では同75.9%増と大幅に拡大した。

 今年3月の5週間は、イースター(復活祭)の日程がずれたため前年より1営業日少なく、売上高に対して1.5〜2ポイントマイナスの影響があるとしている。
-0-