フィットネス機器メーカーのペロトン・インターラクティブ(NASDAQ:PTON)は29日、年初来安値を更新した。コロナ禍の引きこもり需要を手掛かりとした434%もの昨年の上げを解消する動きが続いている。日中安値を96.54ドルまで広げ、終値は前日比4.32ドル(4.19%)安の98.90ドルとなった。年初来では34.81%下落している。

 この日はさらに、新たに競合するスタートアップ企業の台頭も意識されたようだ。ローイングマシーン(ボート漕ぎ運動器具)を手掛けるエルガッタ(Ergatta)が、3000万ドルを新たに調達するにあたり、企業価値が2億ドルとの評価を受けたと報じられた。

 エルガッタは、1台2000ドル以上の高級ローイングマシーンを製造しているが、約13カ月前の発売から8カ月でアクティブユーザーが1万人、売上高は3500万ドルに達した。
-0-