米疾病対策センター(CDC)が13日、新型コロナウイルスのワクチン接種を終えた場合、屋内でもマスクを原則着用しなくてもよいとする新たなガイドライン(行動指針)を発表したことを受け、ウォルマート(NYSE:WMT)は小売業界の先陣を切って、州や自治体から求められないかぎり、ワクチン接種を終えていれば顧客や従業員が店舗や倉庫などの屋内でマスクを着用する必要はないとした。

 この全米160万人の従業員を対象とする新たな方針は5月18日から実施されるが、ワクチン接種済みの来店客についてはマスクなしを直ちに認める。

 コストコ(NASDAQ:COST)やトレーダー・ジョーズ(Trader Joe’s)もマスク不要とする方針を示しているが、クローガー(NYSE:KR)は当面、マスクの着用とソーシャルディスタンス(対人距離)を守るよう求めるとしている。
-0-