中国のシノバック・バイオテック(科興控股生物技術)(NASDAQ:SVA)が開発した新型コロナウイルスワクチンは、人口の75%以上が接種すれば効果的に感染拡大を抑えることができる。ブラジルの現地メディアG1が31日に報じた。

 ブラジルの生物科学研究センター、ブタンタン研究所が、人口4万5000人の都市セハナで大規模接種プログラムを行った。4つのグループに分けて1週間ごとにワクチン接種を行い、4つのうち2つのグループが2回目の接種を終えた段階で、新規感染者の増加傾向が下がり始めたという。

 この大規模接種プログラムが終了するまでに、隣接する都市では感染者数が増加し続けたが、セハナにおいて新型コロナウイルス感染症での入院者数は86%減少し、死亡数は95%減った。
-0-