米石油大手エクソンモービル(NYSE:XOM)は8日、中国広東省の恵州大亜湾石油化学工業団地への数十億ドル規模の投資を進めることを最終的に決定したと発表した。中国における機能化学(パフォーマンスケミカル)製品に対する需要拡大に対応するとしている。

 エクソンによると、この石化コンビナートでは包装材、車両部材、農業用品、医療・介護用品などに用いられる機能性ポリマーを生産する。生産設備は同社の地球温暖化対策に対する取り組みの一環として、エネルギー効率を改善する業界最先端の技術を特徴としたものになる。

 このプロジェクトでは、名目生産量年間160万トンの弾力的供給水蒸気分解装置1基、機能性ポリエチレン系3基、分化機能性ポリプロピレン系2基の建設を進めている。
-0-