米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(NASDAQ:AMD)は4日、新たな製品ラインナップとして6nm(ナノメートル)プロセスによるノートPC向けGPU(画像処理装置)「Radeon RX 6000S」を発売した。GPU市場において同業エヌビディア(NASDAQ:NVDA)と競争する姿勢を一段と強めている。

 電力効率の最大化を図った結果、新たなGPUは従来のRX 6000シリーズの製品よりも薄型で、重量は約2キログラム(4.5ポンド)軽量化されている。設定価格は199ドルから。

 新たなRX 6000Sを搭載したノートPCは、今年1-3月期中に発売を予定している。
-0-