米音楽大手ワーナー・ミュージック・グループ(NASDAQ:WMG)は、アフリカの音楽配給会社Africoriの過半数株式を取得した。アフリカでの音楽配信最大手を目指す動きだ。

 Africoriは2021年現在、7000のアーティストと850の取引先を抱えている。楽曲の配給、版権の管理、アーティストの育成などを行っている。

 ワーナー・ミュージックは20年にAfricoriに出資し、傘下のワーナー・チャペル・ミュージックも同年にAfricoriとグローバル契約を締結している。

 Africoriは現最高経営責任者(CEO)のヨエル・ケナン氏のもとで独立企業としての経営を続けることになる、とワーナー・ミュージックは述べている。
-0-